Caorso2011/07/16 13:32

今日の毎日新聞にカオルソの原発の記事が載っていた。
イタリア最大の原発だったらしい。

カオルソというのはクレモナからポー川を渡ってピアチェンツァ方面に行くときに通過する町、っていうか村かな。
クレモナからはたった15kmの距離で、ポー川の上流にあたる。
今だからずいぶん原発に詳しくなったけど、ポー川の水を冷却水として使っていたわけだ。

イタリアはチェルノブイリ後に国民投票で原発をやめたので、私がクレモナに行った1995年にはカオルソ原発は既に運転されていなかった。
当時はそのことを友人から聞いて「へぇ、じゃあ良かったじゃん」などと気楽に考えていたのだが、福島後に得た知識で「やっぱり危なかったのかも?」と思うようになった。
今回の新聞記事には現在も廃炉作業の途中だと書かれている。
なにしろ15kmしか離れていないんだから、「やっぱり危なかった」のは確かであろう。
わが家では割と頻繁にピアチェンツァに行っていたが、いまgooglemapで見てみると、原子炉から1.3kmのところをいつも車で通っていたことがわかる。
福島で置き換えると敷地内の端の方を走っていたことになる。

当時も「カオルソ」ってなんだか「オソロシヤ」みたいな感じでいたけどね。

カオルソ原発 (右上がポー川)


 http://maps.google.co.jp/maps?msid=200301701563766328153.0004a83caa6e44d3d2829&msa=0&ll=45.073339,9.871688&spn=0.01182,0.015922&t=h&z=16&brcurrent=3,0x0:0x0,0



話はかなり変わるが、カオルソを通過してピアチェンツァが近くなってきたあたりからかな、道端にさ、娼婦が立ってるんだよね。真昼間ですよ。町中じゃなくて郊外の道路よ。
いやー外国って感じ。こわかったな。





節分2011/02/03 19:52



節分で玄関先に飾るのがこれ。
ヒイラギに枯れた大豆にイワシの頭ですよ。
近所の農協で70円で売ってたです。

しかし何なんですか、これらは。

私は「異教徒の祭壇」という言葉を思い出しました。

いえね、「ara」という単語をイタリア語辞書(白水社 新伊和辞典 野上素一編)で引くと「異教徒の祭壇」って出ていましてね。

「異教徒の祭壇」
なんかさ、いかにもって感じ、するっしょ?

ちなみに小学館伊和中辞典だと「いけにえ台」と出ましたよ。

ね、鳥肌立ってきたでしょうよ。

鬼が来るんだよ~。恐怖。



なんで「ara」なんて単語引いたかっていうと、私の苗字hiraharaってね、イタリア人はhの発音わかんないもんだから「イラ・アーラ」とか呼ばれたりするんです。
だから調べてみたというわけ。
参考までに「ira」は「憤怒」。
私の名前は「h・憤怒・h・異教徒の祭壇」です。恐怖。

指板2010/07/12 08:15

たまには仕事している光景を。

ヴィオラの指板の接着面を鉋がけしているところ。

つるつるになった面を指でさすりつつ、「あーしあわせ」って感じです。

(黒檀材の品質については世界的に良品不足らしく、ある程度あきらめないといけないんだけど)

刃を研いで、鉋をよーく調整して、しゅわっ、しゅわっってやって、チェックして、「お~平ら」、ってこの平面度オレ以外誰にもわかんねえぜ、にやり。

クレモナ製作学校時代、オレの鉋がけしたのをよくスイス人の女の子が触りに来て頬ずりしてたっけな。

サソリ2010/06/11 17:24

クレモナにはサソリがいる。

写真はマエストロの工房で働いていた頃にみつけたサソリです。

これはもう死んでたんだけど、掃除していて作業机の下から出てきたものです。
北イタリアにサソリがいるなんて驚きでしょ。
目を疑いましたよ。

それを瓶に入れて持ち帰りました。
実物は小さいです。


イタリアから見れば地中海の対岸はアフリカです。
シチリア島からだともうすぐそこって感じで。

アフリカと言えば、ワールドカップで話題の南アフリカですが・・・

クレモナ製作学校時代、同じクラスに南アフリカから来た女の子がいました。
南アフリカ人は、まあ珍しいです。白人です。

彼女から聞いた南アフリカ話、
・気温が高く乾燥していて洗濯物は15分で乾く。
・台所にコブラが入ってくるので危険。
・裏山にピューマが住んでいる。

そんな話を思い出します。

クレモナ携帯2010/06/02 07:41



クレモナ好きな人は今すぐ携帯ショップにGO!

ドコモ F-03Bのゴールドを探して開いてみると、おぉ!!

日食2009/07/22 11:08

ごく短時間であったが、見れた。
茨城県石岡市11:08
ちょうど最大の食に近いころで、ラッキーだった。



僕ら家族は1999年8月のヨーロッパ皆既日食のとき、クレモナ在住だったのでドイツまで見に行ったのでした。

周りのイタリア人たちは
「えっ!? 日食を見にわざわざドイツまで行くの!!??」
みたいな反応だったけど、車で5~6時間のところなんだから行くに決まってるじゃんな。

で、当日、うす暗くなってきて皆既寸前のところで急に雲が出てきて雷雨ですよ。
ま、そんなもんだ。

ルーリン彗星2009/03/02 22:14

子どもの小学校のT先生が星好きで、時々自前望遠鏡で校庭で天体観測会を開催してくれる。

で、今回はルーリン彗星。

見せていただきました。

なんかぼやっとしたものなのでしたね。


T 先生はワンボックスカーで望遠鏡いっぱい持ってきて、それぞれ月、土星、プレアデス星団、オリオン星雲に向けてくれていた。

月と土星はやっぱり望遠鏡で見ると実におもしろい。



余談ですがT先生とは校外でばったり出会うことが何度かあった。
下館のほうの公園だったり石岡の公園だったり。


クレモナ在住時代の話だけれど、クレモナでは町を歩けばほぼ100%誰か知り合いと出会い、「チャオ」ってあいさつをかわす。
で、なぜだかわからないけどクリストファーっていうアメリカ人とほんとによく出会っていた。
それが決まった場所、通りなんかで出会うならわかるけど、いつも違う時間、違う場所で出会うのだから不思議でたまらない。
たとえば真昼間、人々は昼食で家に引っ込んでるので町はまるでゴーストタウンみたいになる。
人が歩いてるだけで珍しいのに向こうからやってくるのはクリストファーじゃないか。
なぜなんだ。

いかにもなキノコ2008/08/05 10:30

いろんなキノコがはえてくるよね。

子供がクレモナでSacro cuore del Gesu'幼稚園の時、持ち物に付けるマークが、長男のは『黄色いキノコ』だった。
ちょうどこんな形だったっけ。虫食い跡の感じも。

次男のは『青いリス』でした。

マムシ発見2008/07/09 12:41

近所の人から聞いた話では、夜、家を一歩出たところで踏んでしまって咬まれたとか。
わが家でも普段歩いている場所に抜けがらがあったりする。
一説では臆病で敏感なため人とは遭遇しにくいという。
確かに滅多に見かけないことを考えるとそうなのかもしれない。
だけどこの写真のやつは50cmくらいまで近づいてもピクリともしなかったです。
これじゃ踏んじゃうでしょ。
しかしよく見ると美しい紋様をしている。


クレモナ近辺は湿地も多く、当然蛇も多い。
マムシはイタリア語ではvipera(ヴィーペラ)。
マエストロの話では、子供の頃によくマムシを捕まえて小遣いを稼いだという。
病院に持っていくと買い取ってくれたそうだ。

捕まえるのは河原で、石をどけて下に潜んでいるのを見つける。
日本のマムシと違ってかなり凶暴で、ジャンプして飛びかかってくるらしい。
ただし水に入ると水面ではジャンプできなくなるので、そこを捕まえるのが安全とのこと。

ベルルスコーニがくれた電卓2008/07/07 12:40

イタリアでもなにかと話題のベルルスコーニ首相、洞爺湖に来ましたねえ。
彼は私の在伊中も首相をやっていたのだけれど、イタリア住民たちに自分の写真集(!?)や電卓をプレゼントしたりして有名だったりする。
それは無差別に選ばれた者に勝手に郵送してよこすのであった。
迷惑ともいえる。

で、これが我が家に送られてきた電卓。
通貨がユーロに切り替わる時期だったので、リラ‐ユーロ換算機能なども付いている。
イタリア人に見せるとうらやましがられたりしたから、意外に運がよかったのかもしれない。
最初はちゃんと使えました。えらい。
でもいざ使おうと思った時には既に壊れていました。さすが。
こんなもの持っていても仕方ないけど写真集だったらとっくに捨ててただろうな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8B