でん六ミックス2013/01/30 10:21



これ、うまい!

おすすめ。

うまい店2013/01/23 10:25

このブログで何度か紹介した土浦市中高津のうまい店。もうないです。
つぶれたわけではありません。

去年秋につくば市竹園に移転して名前も新しくなってオープンしてます。

私としては秘密にしておきたいんだけど、どうぞよろしく。

ここで配膳係のアルバイト募集してんだよね。
メシ出るんでしょ? その上お金もらえるんでしょ??
い~な~! 

いちおう私、かれこれウン十年前ですが、ハンバーガー屋の経験あります。

チーズアーモンドのV2012/11/17 14:27

ご存じ、三幸製菓のチーズアーモンド。
コスパの高い良質なお菓子です。
中身は小袋で個別包装されております。

食べるには小袋の上下のギザギザから破って中身を取り出すわけですが、
裏を見ると何やら意味ありげな「V」の字があるではないか!?


これは何か??

これは袋を破る方向を示しているに違いないのである。
試してみると確かにこの方向だと破りやすいのである。


検証しよう。
20倍顕微鏡で拡大撮影してみると、
上側は

そして下は

微妙な違いが判るだろうか。
そう、上から下方向に切れば切れやすい。

おそらく製造過程のギザギザカッターの刃は、何らかの理由で山と谷でとがり方が違うのであろう。
それをVで示したわけだ。

チーズアーモンドの秘密、発見!!

納豆のおいしい食べ方2012/02/22 08:00



茨城は納豆産地として有名で、当然うちの近所でも生産されている。

だからというわけでもないが、私の昼飯はご飯と納豆だったりすることもよくある。
この場合のご飯は冷蔵や冷凍してあったのを電子レンジで温めることが多い。
電子レンジでの加熱って、場所によって冷たいところが残ってたりするじゃないですか。

ある日、ご飯に納豆をかけて食べ始めたところで、まだご飯が冷たいことに気付いた。
それで納豆もかかったままもう一度電子レンジしてみた。
納豆どうなっちゃうかな―と不安に思いつつ。

そしたらなんと、納豆がおいしくなっていたのです。
これまでの納豆のイメージと違う感じだと思った。

ためしにググってみると、酵素が死ぬだの臭いだの書かれている。
それでもおいしいんだからいいじゃない。
かるーく温めるのがいいのかもしれません。


大甕2012/02/12 09:14



前回まずいメシの話だったのでお詫びにうまい店教えちゃうヨ。

肉系が食いたきゃ高速に乗って北へ向かおう。
日立南太田で降りる。常磐道は水戸から先は無料だから。
降りたら常磐線の大甕駅方面へ。
「おおみか」って読む。
他県出身者には読めない地名だわな。
この辺は初めて行くと「おお、これが 日立 かぁ」ってな具合で何でもかんでも日立さ。
福島県浜通り出身の我が妻は何かにつけて日立のコマーシャルソング歌い出すもんね。
豊田のトヨタみたいなもんかな。って知らないけど。
それはともかく。

店の住所は
日立市大みか町2-28-10
ランチ1000円前後。お勧めできます。
夜も行ってみたいな。

メシマズ2012/02/09 14:37


写真は北関東自動車道から見える朝の日光連山。男体山とか。

北関東自動車道はうちから近いので割によく利用している。
今世紀に入ってから新しく作られた高速道路である。
常磐道ー東北道間が開通したのが2008年冬で、これによって那須や南会津のスキー場へ行きやすくなった。 (ちょうど私がヒトリスキーを始めた頃でありました。)
さらに去年、震災直後に関越道までがつながり、群馬や新潟の方まで楽に行けるようになった。

ところで、スキー場のレストラン、いわゆる「ゲレ食」は、「高くてまずい」で有名ね。

最近のスキー場はいろいろと営業努力をしているのはわかる。
けどゲレ食は相変わらずだと言うしかない。
時々「うまい」という記事を目にするが、ほとんどの場合は勘違いであろう。

私がうまいじゃんと思ったのは、南会津たかつえスキー場の中腹にある小さいレストラン。
いや特にうまいわけじゃないんだけど、味噌汁が熱いんだよ。
ただ「味噌汁が熱い」というだけで「うまい」という印象が残ったのである。

つまり、他のゲレ食の味噌汁はぬるいということだ。
言っとくがゲレ食は最低¥1,000だからな。

先日は関越道で宝台樹スキー場に行った。
ここはとてもいいスキー場で好きなんだけどメシは代表的なゲレ食だ。

おまけにだ、その帰りに、北関東自動車道の壬生PAに寄った。
「壬生ハイウェイオアシス」っていうんだけど蝋人形の展示や農産物直売所なんかがあって、まあ新しいパーキングエリアだな。
そこに「おばちゃんち」という名のレストランがある。
定食を食った。
一番うまかったのはボタン押して出てくる薄いお茶でした。

高速で快適にスキーに行けてうれしいけど昼と夜2食も、、、、、体調崩すよ。

そうそう、おばちゃんちで思い出したけど、大洗に「かあちゃんの店」という、漁協が経営しているというレストランがある。
漁師のかあちゃんたちが調理してるっていうけどこの人たちが家で食ってるのは全然違うものだろ。
私は二度と行きません。

「おばちゃん」とか「かあちゃん」という名前を出すことによって暗に「私はプロじゃないから不味くても勘弁ね」と言っているのだろうか。
だったらもっと安くしてほしい。
300円なら私も諦めるから。

俺はね、宝台樹も北関東道も大洗もみんな大好きなんだ。
みんな今の俺に無くてはならない、本当に大好きなんだよ。
だからなんとかしてちょうだい。


アンコウ2010/11/24 20:00

本日は、北茨城の大津港で、『あんこう』の取材に参加してきました。
味見させてもらえるってんで、ホイホイ出かけて行ったわけです。

今日、吊るされるのは、こいつ
キアンコウ、メス、7kg、値段は1万5千~2万程度だそうです。
底曳網で150~200mの海底で捕獲されたものです。
アンコウのおいしいのは冬と言われているけれど、それは肉がよく締まっているから。つまり夏場は水っぽくてうまくないんだそうな。
ちなみに肝が大きくなるのは春なので、肝だけが目的なら春でOKとのこと。

こちら、林家まる子さんです。おはよう茨城(日曜朝のフジテレビ)で有名ね。

"ヨシコちゃん"がどんどん捌いて

「どぶ汁」をつくります。
材料はあんきも、味噌、大根、わかめ、ぶつ切りあんこう。
ぶつ切りの中には胃袋とかエラまで入っている。

まず、きもを炒る。
味噌を加えて炒る。ここがどぶ汁の肝心なところなんだって。
あとで味噌入れるのだと、味噌汁になっちゃうんだって。

大根とワカメも入れて、アンコウ入れて、あとは必要に応じて水を加え、煮れば出来上がり。
そもそもは船上で作る漁師料理ということです。船上の場合は切り干し大根を使うとのこと。

ここで、ウ~~~とサイレンが鳴る。
競りが始まるから港に移動だ!!

でかいの獲れてました。
でもこれは見るだけよ。たぶんこのおじさんが競り落としたんだと思う。ズルズル引きずって持って行きました。

相撲で優勝したとき使うみたいなドでかい鯛もいました。他にもヒラメとかフグとかスズキとか色々。でも今日は海が荒れてたから水揚げは少ないとか。
競りはどんどん進むんだけど、いくらで落とされたのかとか全然わかりません。

漁港見学から戻り、いよいよ、やっと、いただきまーす。腹減ったよ。
左が「どぶ汁」。
右が「ともず」という、茹でたアンコウに肝入りの酢味噌をかけたものです。

味は、キモがキモだな。
キモの風味がいい感じで、さっきキモと味噌を炒ってたのが、ナルホド!って感じ。
それと皮が独特のうまさです。

まる子さんもバクバク食べてました。

食べ終わって解散。外に出ると日が暮れていた。
イシモチが釣れてた。


今日の取材は、茨城県で発行している「フォトいばらき」という冊子の「林家まる子が行く!常陸国フード記」の取材同行というやつでして、私もちょっとまじめに茨城のあんこうを紹介させてもらいました。

フード記とはこりゃまたうまいこと言ったもんだ!

釣り2010/11/08 21:57

今日は次男が学校休み(土曜の授業参観の振り替え)なもんで、大洗に釣りに行ったです。
海釣りは20年ぶりだ。

昼前から始めて、夕方からよく釣れるようになって、6時半までやってました。
2人合わせて、イワシ20、アジ7、ボラ3、ハゼ1、メジナ1、他にリリースしたのがクロダイ稚魚やフグなど。シャコはもらいました。

全部食いました。

アジはとてもうまいね。
ボラってのもいけるもんだね。
イワシはうまいよ。
ハゼはいまいち。
メジナ、ちっちゃいの刺身にしたけど最高!!
シャコ、うーむ、もし今度釣れたら誰かにあげよう。

とにかくうまいのである2010/10/21 19:42

昼、いつもの土浦のお店に食事に行った。
でも今日は特別で、ちょいと個人的な祝いで、5000円コースを予約させてもらって妻と二人、豪勢に食っちゃうことにしたわけでして。

先付・お造り・焼き物・揚げ物・〆肴・食事・デザートとなりますが詳細は省略。
写真も何枚か撮ってきたのだけれど、どうもよく写ってないから載せません。

この店で普段食べさせてもらってるのは840円の日替わりランチなんだけど、毎回必ず疑問に思うのが、
「どうしてこの一切れの刺身がこんなにもうまいのか」
ということ。
見た目は何の変哲もない刺身なんだけど、他で食べるのとは味が違うんですよ。本当。
もしかしてこれが真のプロの料理人の技なのかと俺は推測しています。
と同時にいつも思うのが、違いがわかる俺ってかなり偉いんじゃないかって・・・。

で、今日最初の感動がイカの刺身。
ただのイカの刺身なんだよ。
ただのっていっても見た目はとても美しいけどね。
けどね、イカっていうのはこんなにうまいものだったのかと。
こんなの初めて食ったよ。

それから次の「こんなの初めて」は和牛です。
牛の脂っていうのはこんなにうまいものだったのか!!
いったいどうなっているんだ。

んでもって伊勢海老!!
ちょっとこれ2匹分か? もっとか? 値段間違えてねえか??
俺これバクバク食っていいの?

最後には寿司なんだけどね、
さっきの和牛も伊勢海老もご飯が付けばふつうに豪華定食の量だったわけで、ここにきて寿司一人前出るんすか!?

しかもネタがさ、カツオもホタテもエビも、俺はどちらかというと口はでかい方だけど、一回じゃ入んないよ。
もちろん味は毎度の「ホタテっていうのはこんなにうまいものだったのかあ」ってな感動ものです。


あー満足だよ~。

ここがミ●ュランやらなんやらにでも嗅ぎつけられたら俺としては困るから秘密にしておきたいんだけど、住所だけは教えちゃおう。
土浦市中高津1-21-1

玉ねぎ2010/06/09 20:28

うまそうな玉ねぎをいただきました。

実は私、子どものころから数年前までずっと、ねぎが苦手だったのです。
玉も長も。
食べられなくはないけど、好んで食べることは絶対ないといった具合でした。

ところが最近は食べたいと思うし、どちらかというと好きかもしれない。

体質が変わったのでしょうか。

逆に嫌いになったのが玉子です。
食べられなくはないけれど、食べたいと思うことがなくなってしまいました。

ピーマンだけは今も昔も変わらず、受け入れられないでいます。
ピーマンは嫌いというよりは、消化ができないという感じです。