ゴンドラ2013/03/03 21:43

栃木県のあるスキー場、
ゴンドラの一台が派手なピンク色に塗装され、ハートのマークなんぞがついておる。


なんでも「ラブゴンドラ」などと呼ばれ、カップルで乗れば恋が実るとか…。

下から見上げつつ、どんなカップルが乗ってるんだべ?
などと想像していた。



意外とな、いい歳こいたオッサンが一人で乗ってて仕方なく携帯で写真撮ったりしつつ、お、あちらからやってくるのは幸福の黄色いゴンドラではありませんか、などどつぶやいたりしてるものなんだよな。








S・うきー2013/02/04 20:56

今日はスキーに行ってきた。
概ね晴天&無風で快適でした。
古い友人に指導してもらって、ちょっと上達しちゃったかもしれない。




それはともかく、私、すごい発見をしてしまったようだ。


スキー

って、

Sが抜けるだけで

うきー。


スキーでウキ~!




スキー場で2012/03/15 08:37



先日、群馬県のスキー場へ行った時の話。
山頂のリフト降り場の建物に休憩所がある。
休憩所といっても丸椅子が20脚程度と自動販売機があるだけだ。
私は缶コーヒーで一服していた。
スキー場の頂上というのは展望台みたいなもので、めちゃくちゃ眺めがいい。
今日も雪景色が素晴らしいじゃありませんか。い~ね~。最高!!

隣にじいちゃんに連れられた小4くらいの女の子が来た。
椅子に座るやポケットから携帯ゲーム機を取り出し何やらガシャガシャ音を立てながらゲームを始めやがった。
じいちゃんが孫娘に尋ねる。
「何か飲むか?」
「んー」  ガシャガシャピコピコ
「何か飲むか?」
「んー、、、いらない」  ガシャガシャピコピコ

俺は心の中でクソガキからゲーム機を取り上げスキーブーツで踏み潰してやりましたよ。


メシマズ2012/02/09 14:37


写真は北関東自動車道から見える朝の日光連山。男体山とか。

北関東自動車道はうちから近いので割によく利用している。
今世紀に入ってから新しく作られた高速道路である。
常磐道ー東北道間が開通したのが2008年冬で、これによって那須や南会津のスキー場へ行きやすくなった。 (ちょうど私がヒトリスキーを始めた頃でありました。)
さらに去年、震災直後に関越道までがつながり、群馬や新潟の方まで楽に行けるようになった。

ところで、スキー場のレストラン、いわゆる「ゲレ食」は、「高くてまずい」で有名ね。

最近のスキー場はいろいろと営業努力をしているのはわかる。
けどゲレ食は相変わらずだと言うしかない。
時々「うまい」という記事を目にするが、ほとんどの場合は勘違いであろう。

私がうまいじゃんと思ったのは、南会津たかつえスキー場の中腹にある小さいレストラン。
いや特にうまいわけじゃないんだけど、味噌汁が熱いんだよ。
ただ「味噌汁が熱い」というだけで「うまい」という印象が残ったのである。

つまり、他のゲレ食の味噌汁はぬるいということだ。
言っとくがゲレ食は最低¥1,000だからな。

先日は関越道で宝台樹スキー場に行った。
ここはとてもいいスキー場で好きなんだけどメシは代表的なゲレ食だ。

おまけにだ、その帰りに、北関東自動車道の壬生PAに寄った。
「壬生ハイウェイオアシス」っていうんだけど蝋人形の展示や農産物直売所なんかがあって、まあ新しいパーキングエリアだな。
そこに「おばちゃんち」という名のレストランがある。
定食を食った。
一番うまかったのはボタン押して出てくる薄いお茶でした。

高速で快適にスキーに行けてうれしいけど昼と夜2食も、、、、、体調崩すよ。

そうそう、おばちゃんちで思い出したけど、大洗に「かあちゃんの店」という、漁協が経営しているというレストランがある。
漁師のかあちゃんたちが調理してるっていうけどこの人たちが家で食ってるのは全然違うものだろ。
私は二度と行きません。

「おばちゃん」とか「かあちゃん」という名前を出すことによって暗に「私はプロじゃないから不味くても勘弁ね」と言っているのだろうか。
だったらもっと安くしてほしい。
300円なら私も諦めるから。

俺はね、宝台樹も北関東道も大洗もみんな大好きなんだ。
みんな今の俺に無くてはならない、本当に大好きなんだよ。
だからなんとかしてちょうだい。


スキー㊙テクニック 32012/01/30 08:42



スキーも回数を重ねると、初心者の頃の苦労って忘れちゃうんだよね。
俺も昔と比べると、ずいぶんと疲れなくなった。
スキー翌日でも階段なんか平気で登っちゃうもんね。
あの頃の苦労を忘れないためにもこの記事を書いています。

前回も記したが、初級の俺は帰りに晩飯とんかつ大盛りで食ってもまだ体重2kg減ってるような、そんなスキーをしてた。
翌日、翌々日もうめきながら階段を上がるような、すごい消耗だった。
消耗するならエネルギーが必要です。
というわけで今日の初級オヤジスキーマル秘テクニックその3は、食事の話といこうか。

エネルギーと言えば炭水化物ですね。
スキーの前には炭水化物を摂りましょう。
でも炭水化物といってもいろいろあるが、何がいいのか。

現代のオヤジというのは悲しいかな、よせばいいのに何でも必死で頑張ってしまう習性を持っている。
そういう時代だったんだよ。
小学校から帰宅してテレビのスイッチを引っ張れば、星飛雄馬がうさぎ跳びしてコンダラ引いてたんだ。
で、あれから何十年も経つのに初級おやじスキーヤーはよせばいいのに無理な運動をがんばってしまい、大量の汗をかいてしまう。
そうすると結果、体調を崩してしまいやすいのである。
そこで、炭水化物摂取にイモを選ぶと、なんとイモは食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富で、体調維持にとても役立つのです。
『 スキー前にはイモを食え 』 だな。

スキーで何が疲れるかってさ、斜面を滑ってるうちはまだいいんだけど、平地がね、すごく疲れるんだ。
だいたいどこのスキー場でもどうしても平らな場所があるし、場合によっちゃ登りもある。
気温が低くて新雪積もってたりすると緩斜面では止まっちまう。
うまい人はそんな場所でもスケーティングでスーイスイ行くんだが、初級者はそんなこと出来ない。
スケーティング真似しようとしてコケてさ、平地は立ち上がるのが特別大変でもう嫌。
ストックで地面を押してばっかだから終わってみれば足より腕が痛くて、翌日「腕が痛い」なんて話すと「え?スキー行ったんじゃなかったっけ?」とか言われちゃうし。
リフト乗り場に向かう平地でエッチラオッチラ漕ぎながらオッサンは「ああ、背中にジェット噴射装置でも背負ってればどんなに楽かなあ」などと思う。

ん、背中にジェット噴射?
背中の、、少し下に、、、、ジェット、、、、、
自家ジェット噴射装置。。。。。
持ってるじゃん!!

『 スキー前にはイモを食え 』 だっ!


以上。

スキー2012/01/26 13:44



先日スキー指導を受けまして。
そしたらスキーが楽しくってたまらない。
いい年こいて滑りっぱなし。

スキー㊙テクニック 22012/01/08 21:15



さて、今日は スキー㊙テクニック その2 だ。
服装について話をしよう。

スキーは、言わずと知れた、雪山での遊びである。
雪山は寒いよ。
確かに寒いんだけど、スキーはやり方によってはかなりきついスポーツで、かなり汗をかくことになる。

私なんぞ、スキー5~10回目の頃は、それはそれは激しい消耗で、身体じゅうから湯気が上がっていたものだ。
帰ってきて体重を計ると2kgくらい減ってたものだ。

寒いところで汗をかくのは大きな問題です。
汗で衣服が濡れてしまって乾かないと、今度は寒くてどうしようもなくなる。
雪山での寒さは半端なものではないので、命にかかわってきます。

だから、化学繊維やウールの衣服を身につけて、汗をかいても濡れないとか、すぐ乾く状態にしなくてはならない。
綿の服は濡れたら乾かないから、着てはいけないのです。


でさ、普通スキーの時って何着てる?
例えば下半身だと、下着/タイツ/スキーウェア ってとこでしょう。

ここで下着に注目だよ。要するにパンツだな。

みんなパンツは綿だろ。綿100だろ。化繊のパンツなんて持ってるやつ、ちょっといやだよ。
だからスキーでもいつもの綿100のパンツはくよね。

パンツが濡れたらどうします?
おケツはあんまり汗かかないから大丈夫だって?

違うんだな。

リフトに乗るでしょ。座るでしょ。
リフトの座面に雪や氷が付いているんですよ。
たとえ雪が降っていなくても、付いていることはよくあります。
スノーボードの人はしょっちゅう雪面に座るので、雪質によってはウェアに雪が付きっぱなしで、それがリフトの座面に付きます。凍ります。リフト係のお兄さんが箒で掃いてもとれません。
その氷の上に座ります。リフトは数分間ジッと乗ってるものなので、尻熱で座面の氷がとけます。

ゴアテックスのウェアだって使用に伴い防水機能は低下します。
だから水がしみてきます。
パンツは絶対濡れます。


スキー㊙テクニック 2  は、  『 ノーパン 』  だっ!





スキー㊙テクニック2011/12/29 21:15



スキーへ行ってきた。
南会津のたかつえ。
一日中晴天で無風でした。
こういうのも珍しい。

私は20代までには3回しかスキーをしたことがなかったのだが、
3年前から1シーズンに10回程度行くようになって、オッサンスキーヤーになったのでした。

トータルのスキー回数がだいたい40回を超えると中級になるらしい。
私もそろそろ中級を語ってもいい頃かもしれない。
(実際はかなり下手なんすけどね、まあいいっしょ。)

さて、立派な中級スキーヤーになったワシは、そろそろ初心者に偉そうに指導などしていいのである。

ワシが編み出したオリジナルの スキー㊙テクニック をこのブログで教えちゃうことにしよう。

役に立つぞぅ。

今日はその第一回だ。


題して  『靴下は裏返して履け』   だ!


たまにさ、靴下裏返して履いちゃうとナマズのひげが出てるよね。
さらに、ひげからひげに峰があったりする。

これがいかんのですよ。

スキーのブーツは、ブカブカではいけない。
できれば薄手の靴下で、できるだけ足の形に合ったブーツを選び、履くだけでも一苦労、さらにバックルで絞めるわけだ。
そこまでやって足に密着させようというのに、靴下の中を見てみると「ひげ」、つまりいらぬ突起が足に当たっているのです。
そんなのいやでしょう。

だまされたと思って靴下裏返して履いてみな。

いいんだから、これが。


そもそもスキーの時に限らず、靴下は裏返した方がいいに決まっているのである。

現代の靴下は見た目優先に作られているようだが、足優先にした方がいいに決まってんじゃん。

『靴下は裏返して履け』。

以上。


アルツ磐梯2011/01/10 12:25

朝から奥のゲレンデに行ったけど、ふわふわの新雪が50cmくらい積もっててもちろん俺なんかかっこよく滑れるわけではなくて膝でグワーっと雪をかきわけてよたよた進むんだけど板なんか雪の中だから全然見えてなくて妙な気分でした。こけても楽しかった。



みんなやるよね、大の字で雪に倒れ込むの。

もうずいぶん昔の話だけど、とある大学入試の日に大雪だったのさ。
当時神奈川県の海近くだし、めったにない大雪ってことで20cmくらい積もってんのね。
朝早目に出るでしょ。道にはまだ誰の足跡もない状態なわけよ。

その状況ならみんなやるよね、雪に人型きれいにつくようにとちょっとジャンプして飛び込んでみたり。

んなことやってっから落ちるのかね。

違うな。





アルツ磐梯は大きいスキー場でリフトもたくさんある。
長いリフトがフード付きで、長いだけあって途中で風がビュワーと吹いたりすることもけっこうあって、ああフードっていいなって思う。
うれしいのがフードが自動で閉まって開いてくれるところね。
これが手動だと重くていやんなるからな。

それにしても下のリフト乗り場周辺があまりにも広くて平らで、とても疲れます。
特に今日はすべりの悪い雪だったから苦労しました。
もうちょっと何とかならなかったのかな、配置。
もしかしてこれはリフト待ちの行列が100mも続いているのを想定してるのかも?
ならわかるけど、時代は変わったからね。地形も変えないと。

(もしかして昔の混んでるスキー場しか知らない世代の人、意味わかんないかもしれないけど、今、リフト待ちの行列ってほとんど無いんですよ。これ本当。)

リフト乗り・降り場の兄ちゃん・姉ちゃん・おっちゃんは親切だ。
減速しないリフトは初心者には怖いでしょ。
これが乗るとき手で押さえてちょっと減速させてくれるのね。
すごくうれしいです。


それと、駐車料金が携帯での登録で無料になる。
のは偉いと思うけど、最初から無料でいいんじゃないのかえ?

グランディ羽鳥湖2010/12/26 18:32

スキーに行ってきました。

ここは整地された緩斜面が多く、自分がうまくなったと錯覚してしまうスキー場なのでした。

8時過ぎに到着したもんだから8時半のリフト開始からほとんど休憩もせず、昼飯はコンビニ握りをリフトで食らい、終了の4時半まで馬鹿みたいに滑ってました。
だいたい午前10時くらいにはもう足がくがくだってのにほんと馬鹿だよ俺。

でも俺より馬鹿なのが一人いましたよ。

うちの次男です。


しかしまあ天気がよくて雪質がよくて最高でした。

日曜なのに空いてたね。